ながの小児科 院長ブログ

農薬が発達障害に大きく関与している

農薬が子どもの発達障害に大きく関与   米ハーバード大など、有機リン系の農薬を低濃度でも摂取した子どもは注意欠陥・多動性障害(ADHD)になりやすいと17日発行の米小児学会誌に発表。  8~15歳の子ども1139人の尿の成分を分析、親と面接してADHDの診断基準に当てはまるかどうか調べた。 分析の結果、検出限界ぎりぎりの濃度でも農薬成分の代謝物が尿から見つかった子は、検出されなかった子よりもADHDと診断される可能性が1.93倍になった。 この記事の中で大事なのは「農薬は検出限界ぎりぎりの濃度なのに発達障害になる可能性がある」ということです。これは我々が普段スーパーで買っている野菜にかかっている農薬程度でも危ないことを意味しています。  2012年にもアメリカの小児科学会が米国ハーバード大学の研究と同じ結論を正式に発表しています。もちろん、米国の小児科学会は根拠もなく言っているわけではなく、500くらいの論文を根拠に発表しているのです  ネオニコチノイド系の農薬も欧州食品安全機関が「子供の脳に影響がある」と言っています。 日本の野菜は安全か  日本の野菜は外国の野菜と比べて安全だと思われていますが、実は日本の農薬使用量は世界で3位です(1位と2位はそれぞれ中国、韓国)。「iwj」に掲載されている図を見ると分かりますが、農薬使用量と発達障害の罹患率が見事に一致しているのです。この図には中国に関しての統計がないですが、単位面積当たりの農薬使用量は1位が韓国、2位が日本、3位がイギリス、そしてアメリカ…と続きます。それに対して1万人当たりの自閉症の人数も韓国、日本、イギリス、アメリカ..の順です。見事に相関しているのです。

抗生物質は食肉に大量に使用されています。

抗生物質は鳥の飼育他食肉、養殖魚に大量に使われています。 抗生物質の効かない耐性菌はこちらの分野での大量投与によるものです。 必要な時に特に子どもの細菌感染症では抗生物質の治療は早期に開始し 重症な感染症になる前に治療することで、重大な健康被害を防ぎ抗生物質の使用も最小限で済むのです。 誤った医学情報に気をつけ、病気や治療の正確な知識を取り入れましょう。 当院では正しい医学情報、健康情報をお伝えしています。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170922-00010000-nknatiogeo-n_ame

免疫とワクチン

最近,、おたふくかぜや百日ぜきが大人から子どもに感染しています。一生で一回しかかからないと思われていた病気も、再感染しないと抗体が低下するのです。病原体に対する免疫(抗体)を人為的に獲得させるものがワクチンなのですが、効果の強くないので感染した時、インフルエンザでは発熱したり、みずぼうそうやおたふくの初期症状が出ることもあります。症状が出る頃から免疫機能が働き始め、重症化を防ぎ、自然治癒させるのです。治療薬もなく重い感染症である麻疹(はしか)や風疹はMRワクチンを2回接種し効果を確実にしています。また最近ヘモフィルス・インフルエンザ菌(Hib)、肺炎球菌のワクチン接種が始まり、肺炎、中耳炎や、髄膜炎にかかる子どもさんが外国のように劇減する事が期待されています。新型インフルエンザの再流行では就学前の乳幼児の感染が心配されています。特に小さい子どもさんではワクチンが重要です。

ぜんそくと気管支炎

カゼをひくと、ゼイゼイした湿った咳が出やすく、繰りかえしやすいという子どもさんも多いです。喘息では主にアレルギーや天候、化学物質などで突然気管が狭くなりゼイゼイして呼吸が苦しくなります。0歳児から感染するRSウイルスや1~3歳児中心のhMPVと言われるウイルスは喘息と同じ気管支炎を起こし、感染を繰り返していることがわかってきました。感染によりアレルギーモードにスイッチが入り、繰り返していると、後で喘息の発病要因になるのではないかという考えもあるくらいです。ウイルスの治療はありませんが、乳幼児では入院が必要になることも多く、症状を長引かせず悪化させないよう早めに治療を受けることです。また、大人も含め複数感染も多い百日咳、マイコプラズマ、クラミジアなどは普通の抗生物質は効果がないので注意が必要です。

子育てワンポイント 鼻水、鼻づまり

 赤ちゃんには鼻水、鼻づまりなどの鼻かぜの症状がよくみられ、2、3歳までは症状が長引きやすいです。最初はウイルスによる鼻かぜでも、鼻水が青っぽくなると細菌にも感染しています。鼻水からは肺炎球菌やヘモフィルス・インフルエンザ菌(Hibを含む)、ブランハメラ菌、ブドウ球菌などが検出されます。鼻水が出ていたらなるべく取り除いてあげてください。 4、5歳になると症状のある子が減ってきます。小さいうちは細菌に対する免疫がなく、感染を防いだり治したりする力がありませんが、感染を繰り返すうちに抗体ができて丈夫に育っていくのです。 鼻が悪いとか鼻アレルギーの場合は少なく、抗生物質の効果も限定的なので対症療法が主体です。中耳炎の合併もよくあるので、定期的に耳鼻科と小児科両科で診てもらってください。肺炎球菌ワクチン接種によって鼻かぜや中耳炎の予防が期待できます

新しい栄養学による食育や漢方医学の併用で子どもの健康と発達を願う

最近では、アトピーや食事アレルギーの子どもさんが目だってきました。また子どもの発達障害、自閉症や学習障害はすでに1学級3人も見られると言われるくらい問題となっています。感染症では何と言っても新型インフルエンザへの対処が今後の大きな課題となります。早期に診断し早期に抗ウイルス薬治療を開始することが重要ですし、ワクチンが開発されたらワクチンも受けることが重要です。今のところ、鳥インフルエンザとは違い、季節性のインフルエンザと同等かやや悪性かと言われる程度ですが、変異によってどう変わるかわかりません。毒性という表現は医学的には妥当ではないのですが、今のところ、若い人に免疫が無く、感染に対して過剰な免疫反応が問題なのではないかと推測されています。Nセイズという強力な鎮痛解熱剤はこのサイトカイン系の免疫反応を高めてしまいます。解熱剤を使いすぎず、人間の治癒能力を助ける漢方薬も今後より評価されることと思います。はしかについて言えば、昨年は北海道は神奈川についで大学生を中心に全国第2位の感染者数でした。また最近、激しい咳を伴う大人の百日咳が流行し、子どもさんが感染するということがありました。また溶血性連鎖球菌(溶れん菌)による扁桃腺炎も多くみられました。ウイルスによるカゼではないので早期に抗生物質による治療が必須です。、、このようにアレルギーや感染症は人間の免疫が重要にかかわっています。ワクチンも免疫(抗体)を身につけるためのものです。ワクチンを接種しても接種していない場合と同じ確率で感染しますが、発熱などの症状が出ても理論的には重症にならず、自分の免疫で治癒することが期待されます。栄養のバランス、正しい食により、妊娠率から子どもの発達、アレルギー、脳の発達から脳の健康、ストレスに抗する力、病気に対する免疫力、大人では生活習慣病、リウマチや膠原病、ガンの免疫から老化の速度まで左右されます。 このような健康と病気の対処を栄養学や漢方で対処しているのも特徴である。

下痢嘔吐について

急に吐いて、下痢や腹痛などお腹の症状が主体の感染症を急性胃腸炎といいます。ウイルスではノロウイルスや白色便を伴うロタウイルスなど、細菌では生焼けの焼き鳥や焼肉から感染するサルモネラ菌やキャンピロバクター菌、大腸菌群などの細菌が原因で、時に集団食中毒となります。最初の半日くらいは、繰り返し吐きますが、あわてずに、10%くらいの糖分で酸味の少ない市販の飲料を少量ずつ吐いても繰り返し飲んでいると自然におさまって来て、点滴も不要になることも多いのです。嘔吐、下痢の時の医療用イオン飲料で塩分の補給も出来ます。塩分と水分の他に糖(薬用ブドウ糖や甘味飲料)の補給も大切です。子どもはブドウ糖の蓄えが少なく、すぐ低血糖になりアセトンが産生され、嘔吐が止まらなくなる悪循環になるからです。 心理的な嘔吐で同様の病状になるものを自家中毒と言いますが、多く見られる病気ではありません。 下痢は、悪い病原体を体に貯めずに排出する防御反応でもあり、免疫の働きで治るまで1週間くらい続きます。整腸剤と汁ものや和食、下痢用ミルクなどの食事療法が治癒を助けます。

夏かぜについて

たくさんの種類があるウイルス感染症。手足の発疹(ほっしん)と口内炎を伴う手足口病、のどに痛みを伴なう発疹が出るヘルパンギーナ、ほっぺが赤くなるリンゴ病など、初夏からはやるウイルス感染症を夏かぜと言っています。  通常ウイルスは特定できず、感染する期間が長いので隔離しても防ぎきれません。高熱、頭痛、嘔吐などの夏かぜによる無菌性髄膜炎には注意が必要ですが、症状が軽くて発熱もなく元気なら集団生活も可能です。  今年も結膜炎と咽頭炎、発熱が続くアデノウイルス感染症(プール熱)が目立ちます。ウイルスは種類が多いので、何回も似たような症状の夏かぜにかかります。治療薬もなく経過を見守るしかありませんが、細菌の二次感染による肺炎や中耳炎は抗生物質で治療します。「うちの子は弱いのではないか」と心配されることも多いのですが、しだいにウイルスに対する抗体が身につき、あまりカゼをひかない元気な子に育っていくものです。

うつを食事でなおす

という番組をNHKでやっていました。

わたしが栄養摂取と健康の関係をお話しするようになって、ようやく、ではないでしょうか。

その内容は以前からわたしのお話している内容からするとまだまだ不満だらけの内容でしたが、

食事と充分な栄養摂取が出来ていなければ、その人本来の栄養状態でいることは出来ないのです。

うつや精神の不調に限りませんが、免疫の異常、がんに対する防御、治癒力、膠原病やリウマチ性疾患、

糖尿病、アレルギー疾患などなど、、、数え上げ切れません。


あらゆる病気、発達と老化、健康。それは食事から摂取するしかありません。

例えば、人工的に合成されたビタミン剤、なんとその多くは、石油から合成されるとか。

ビタミンは厳密には栄養素ではありませんが、三大栄養素を代謝する酵素の働きを助ける補酵素の役割を果たしますが、合成ビタミン剤は吸収効率が悪く、どのくらい効果があるのかわかりません。
天然の野菜や果物から摂取するものや天然の原料から抽出したものが良く吸収されます。

植物性の栄養素、ファイトケミカルと言う広いわれますが、タンパク質(アミノ酸)と同様に体内の代謝、生命現象に欠かせない栄養素です。

三大栄養素、糖、タンパク質、脂質のうち

糖は糖質、炭水化物、糖質栄養素などと表現されますが

甘い砂糖やコメや小麦などのでんぷん質のイメージ、単なるカロリー源としての捉え方しかされていません。

糖と言われるものには8種類の単糖があり、実はタンパク質と結合して糖タンパクとして体内の神経伝達、内分泌機能、免疫、筋肉の働きなど、生命現象の情報伝達、遺伝子のプログラム、遺伝情報の発現(gene-expression)に重要な役割を果たしています。

タンパク質に8つの単糖がさまざまな組み合わせで鎖状になり多様な立体構造をとり、アミノ酸だけでは
不可能な生命の情報を伝達しているのです。

糖質を制限して糖尿病を治療する、というのは、ブドウ糖をとり過ぎて血糖を上げないようにするという意味では間違っていませんが、

生命現象のシグナルの材料となる8種類の糖質栄養素の摂取が出来なくなるようでは本末転倒なのです。


残念ながら、糖という栄養素をカロリー源としてしか捉えられない栄養学は、未開の栄養学なのです。

野菜や精白しない穀物、果物、イモ類やマメ類、海草やキノコ(放射性物質に汚染されていないもの)などの摂取はタンパク質、脂肪とともに健康のために必須なのです。

ブドウ糖は脳やからだの活動の電気のようなものです。ブドウ糖の半分は脳(コンピューター)の電力源となっていると言われます。

ブドウ糖をダイエット目的で制限するだけで、脳=こころの働きにとっていかに危険かわかるというもんです。

過剰に取る必要もありませんが、過剰に制限するのは精神にも身体にも有害です。

また、異性化糖などのブドウ糖でないダイエット甘味料の摂取で、驚くことに、糖尿病になる危険があり、
アメリカのドクターの間では常識になっていると言います。

同様に、うつにもなり兼ねないとも言われています。

さまざまな病気で、心の問題、発達、情緒の問題など、栄養で健康を取り戻そうと思われる皆さん、
是非ご相談ください。

ごぶさたいたしました

コメントが不要なものが多いとのご指摘を受け消去致しました。

原発事故と放射能、放射性物質の健康被害がどのようになるのか、心を痛めていました。

放射性物質を摂取しないよう気をつけるのですが、実際の生活上では毎回食べるものが汚染されているかどうか

全くわかりませんのでやっかいなことです。

そう多くはありませんが、全国から、栄養のことでお問い合わせをいただきます。

その都度、アドバイスはさせていただいていますが、二回、三回とその後の経過を相談されることは多くはあり

ません。

うつの人も多いと言います。精神科、神経科は予約待ちで大変だそうですね。

この他、発達障害や不登校などで来院される方もいらっしゃいます。

主に漢方薬で長い目で快方に向かっていってもらうべく処方するのですが、

結果はなかなか難しい面もありますね。

食事、正しい栄養を取ること、とくに植物性の栄養素、大地の恵みを取ることは、健康でいるための

絶対必要条件です。

何かの運命かのように、人は病気にとりつかれます。これを身から振り払うことは至難のことです。

幸いにも医薬品は急場をしのいでくれ、体の成分、例えば血糖や脂質、尿酸などの多いと体に支障のある

成分を下げて、健康の悪化を防いでくれます。

しかし、簡単な話し、糖尿病では食事治療もとても重要であることは、誰でも知っていますね。

病気や体質は薬で改善するのではなく、生活習慣も関係しますが、なんといっても食事、食生活、食事のバラン

スに加えて、多くの健康によい栄養素を毎日出来るだけ多く、カロリーオーバーにならず食べることが重要で

す。

サプリメントとか栄養補助剤などと呼称されますが、わたしに言わせれば、食事そのもの、命そのもの

と考えています。

タンパク質も加齢によって失われる筋肉の重要な栄養素です。植物性の糖質栄養素は、体内の代謝、内分泌、神

経、脳の活動に必須です。

最近、糖質栄養で言語の処理能力が改善される研究データが出て、オーストラリアで10億円の補助金が研究者

に国から支出されました。

わたしはM社の製品でビジネスをしているわけではありませんが、今年ようやく、日本で先進国中最後に特許が

認められました。

からだの栄養環境をベストにして始めて、漢方薬などの効果も発揮できるのでしょう。

栄養摂取が出来ていないまま、薬物だけで治療し、病気を改善することは至難のことでしょう。

ガンについても、うつについてもまさにそうでしょう。

キノコにも良い効能があります。しかし、キノコだけ食べて改善することを期待することは難しいです。

体に必要とされる多彩な栄養素を日常しっかり取ることが重要なのです。

残念ながら、栄養摂取を重要に考えられていないのが、現状です。

遺憾なことと思っているところです。

望ましい栄養摂取を日々取り入れ、続けることがいちばん重要です。

あとは、自分のからだを信じましょう。

123 next

お問い合わせ・ご相談などお気軽にお電話ください。

011-881-1505 院長:長野省吾 医療法人社団澪和会ながの小児科 小児科、アレルギー科、漢方診療、栄養治療

診療時間 午前 8:30~12:00 午後 13:30~18:00 土曜日は8:30~12:30まで

診療時間
午前 8:30~12:00
午後 13:30~18:00
土曜日は9:00~12:30までです。
休診日
日曜、祝祭日
所在地
札幌市清田区美しが丘三条2丁目3-1
コートロティ美しが丘1階